プチプラコスメやスキンケア用品を写真付きでレビュー!日焼け対策についてもご紹介♪

りぴのプチプラコスメ・スキンケア用品レビューサイト

日焼けの基礎知識

体質や肌質による紫外線の影響の違いと日焼け対策

更新日:

日焼けは体質や肌質によってその症状や対処法が異なります。

今回は人によって、紫外線、メラニンの影響がどう異なるかについて説明していきましょう。

●どんな肌質の人が日焼けしやすいのか

日焼けは、紫外線のB波(UV-B)による皮膚の炎症(サンバーン)と、A波(UV-A)によって皮膚が黒くなる(サンタン)の二種類の状態のことを言います。

わかりやすいのが、UV-Aによるサンタンで肌が黒くなる日焼けです。

このサンタンは、人の肌質や肌の特徴によって症状が変わります。よく「日焼けしやすい」という方は、このサンタンに対して反応が良い肌質の人ということができるでしょう。

肌が黒くなる仕組みは、太陽の光を浴びると紫外線による影響を防ぐためメラニンが合成され、これが肌色を変えるのです。

メラニンはメラノサイトという細胞によって合成されます。メラノサイトはメラソームと呼ばれるメラニンが詰まった小袋を、太陽の光を浴びると生成して、メラノソームは細胞のDNAが紫外線によって破壊されないよう、メラニンキャップという黒い膜を形成して、その結果肌が黒くなるのです。

つまり、肌が黒くなるのは、体内の仕組みで細胞のDNAを守るためで、黒くなること自体が外というわけではないのですね。

逆に言えば、肌が黒くならないと紫外線が細胞のDNAを傷つけ、体にダメージを与えてしまうのです。

白い肌は女性の憧れですが、メラニンが生成されにくい体質の人、つまり色白の人は肌に炎症が起こりやすく、老化やシワも進んでしまうと言えます。

逆に紫外線に対してメラニンの反応が良い人は、肌が黒くなりがちですがその分炎症や老化も防ぎやすいのです。

●日焼けしやすい肌質なら日焼けしても良いのか?

日焼けすると一度肌が赤くなり、それから黒くなる肌質の人は一般的に日焼けしやすい=紫外線に強いと思われています。

先ほどのお話の通り、色白の人と比較して、紫外線からDNAを守るという意味では日焼けに対する耐性は高いと言えますが、日焼け止めをしなければすべての紫外線から細胞や、皮膚内の各種の成分、昨日から守れるわけではないことは覚えておいてください。

油断して未対策のままでは、コラーゲンやエラスチンへの悪影響など、深刻な肌のダメージに繋がります。

もちろん肌への影響として現れない程度の紫外線も、DNA損傷に繋がりますので要注意です。

●日焼けしにくい人の肌の特徴とは?

紫外線に当たると、肌が黒くなるのではなく赤くなってしまう人がいます。

このような人は、肌が黒くならない分ダメージが少ないように思えるかもしれませんが、実は逆なのです。

メラニンが紫外線を防がないため、肌の老化(光老化)が進みやすく、さらに皮膚ガンのリスクも高まるといわれています。

日本人が憧れる白人の皮膚ガンの発生率は、日本人と比較して100倍以上と言われ、色白の人の肌のリスクは高いことがわかります。

●肌質による紫外線対策(日焼け止め)の方法

紫外線ケアの中心となる日焼け止めですが、どれだけ万全に対策したところで、完全に紫外線から肌を守ることはできません。

特に夏場は汗をかきますので、肌に塗るタイプの日焼け止めでは、汗で成分が流れてしまうことがあります。

暑い夏場や、紫外線に対して抵抗力の弱い肌質の方は、このような外部的な日焼け止めだけではなく、体内の肌質、体質自体に紫外線に強くなるような防御策を施しておきましょう。

内部的な紫外線対策とは、まずはビタミンの補給です。

成分としてはビタミンA、C、E(エース)、βカロテン、L-システイン、リコピン、ルテインなどのポリフェノール類、アスタキサンチン、エラグ酸などが紫外線対策として有効と言われています。

こういった成分を、それぞれサプリメントとして補給してもいいのですが、体内的な紫外線対策をする専用のサプリメントも市販されています。

ビーチやプールに行く際の補助として、このようなサプリメントを活用するのはもちろん良い対策ですが、日常的な外出、例えば洗濯物干しとか、買い物へ出かけるなど、つい肌に直接紫外線対策をすることを忘れてしまうような時でも、サプリタイプを日常的に使っていれば、より万全な日焼けによる肌のダメージを防げるようになります。



-日焼けの基礎知識

Copyright© りぴのプチプラコスメ・スキンケア用品レビューサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.