日焼けの基礎知識 日焼け止めとスキンケア

日焼けは肌に記憶される、「光老化」の恐怖

投稿日:

紫外線による肌の老化を「光老化」といいます。

この光老化とは、紫外線を年々浴び続けることによって徐々に起こる肌の老化現象です。

紫外線に含まれるUV‐Aを毎年浴びていくことによって日焼けを記憶させていき、30歳を過ぎたころにやっとシミやシワになって表れるという恐ろしいものです。

日焼けはどのように記憶されるのか?

紫外線に含まれるUV‐Aは皮膚の深い部分(真皮層)にまで到達し、

肌の潤い(コラーゲン)を徐々に奪っていきます。

そしてこのUV‐Aによるダメージは肌だけにとどまらず、恐ろしいことに自分のDNAに全て記憶されるのです。

そのように日焼けの記憶が蓄積された結果、将来シミやシワ、そばかす、皮膚病として体に現れてくるのです。

重なる日焼けの記憶を防ぐ基礎日焼け止め

度重なる日焼けを繰り返してきた人は、今からでも何か対策をすることが大事です。

身近に売っている日焼け止めにもUV‐Aに対抗することができます。

UV‐Aに対抗する日焼け止めとは?

日焼け止めのパッケージに「PA++」と書いてあるのを見たことがありますか?

この「+」が多いほどUV‐Aに強く対抗する力があります。

PAは「PA+」~「PA++++」の4段階がまでがあります。

海やプールなど強い紫外線を浴びる場合は「PA++++」を使うと効果的ですが、

日常生活を過ごす程度なら「PA+」~「PA++」くらいの日焼け止めで十分と言えるでしょう。

日焼け止めと合わせて使いたい、効果絶大のビタミン誘導体について

うっかり日焼けを繰り返してきてもこれからの日焼け対策を万全にすれば効果的ではありますが、これまでの日焼けは本当に取り返しがつかないのでしょうか?

答えはNOと言えます。そんな救世主の存在、

これまでの蓄積された日焼けを修復する唯一の物質があるのをご存知ですか?

それは「ビタミン誘導体」という物質です。

このビタミン誘導体は、遺伝子レベルの日焼けダメージを修復することができるただひとつの物質なのです。

ビタミン誘導体は肌に吸収された後、その肌の中でビタミンに変身する物質です。

なんとDNAに蓄積されてしまったダメージを見事リセットしてくれる働きがあります。

最近、化粧水などに「ビタミン誘導体」が配合されているのは、このようなアンチエイジングに絶大な効果を期待できるからです。

女性のための守る習慣アイテム まっしろ美白習慣|飲む美白習慣サプリ

このビタミン誘導体の入っている化粧品は多数ありますが非常に効果なものが多いです。

しかしやはり効果は絶大と言えるでしょう。

日焼けの蓄積が気になる方は、これから10年先の自分の肌と相談して

購入を考えてみてもいいかもしれません。

まとめ

化粧水などで外からのケアも大事ですが、食べ物やサプリで中からのケアをするのも非常に効果的です。

日ごろからの紫外線対策で、日焼け止めを使う+αで

ビタミン誘導体とビタミン成分入りの食べ物やサプリを取り入れることで、

光老化のリスクを少しでも回避していきましょう。

気になる太陽・・・そんなあなたに新提案です【まっしろ美白習慣】

-日焼けの基礎知識, 日焼け止めとスキンケア

Copyright© 「日焼研(ひやけん)」日焼け対策UVケアの総合情報サイト|ホワイトヴェールもご紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.