日焼けの基礎知識

将来の肌を守る赤ちゃんのための紫外線対策とは

投稿日:

生まれて間もない赤ちゃんの頃から、日焼け止めのケアをした方が良いのか?

そんな風に考えているお母さんはたくさんいるのではないでしょうか?

そんな小さいころから気にしなくても…と思いがちですが、紫外線対策というのは早ければ早いほど効果があります。

なぜなら日焼けというのは紫外線に当たったその時から大人になった今まで余さず肌に記憶されるからです。

赤ちゃんの頃から完璧な日焼け止め対策をするのは難しいかもしれませんが、強い紫外線を浴びる時だけでも何らかの対策をしておくと、将来の皮膚にとって良い影響を与えると言えるでしょう。

紫外線が赤ちゃんに与える影響

赤ちゃんが大量の紫外線を浴びてしまうと

大人にとってもですが、赤ちゃんにとっても紫外線は怖い存在です。

最も起こる可能性が高い症状としては、次のようなものが挙げられます。

  • 将来、肌にシミやシワができる
  • 皮膚ガンになる恐れがある
  • 免疫機能の低下

さまざまな肌トラブルを引き起こす紫外線

肌の弱い赤ちゃんは大人の肌とは違いデリケートであるため、すぐ現れる肌トラブルとしては湿疹が出てしまったり、赤くなってヒリヒリしてしまう場合があります。

赤ちゃんの頃から日焼けは蓄積される

一度日焼けをすると、肌のDNAレベルの組織に記憶され、それがある程度たまってしまうと将来シミやシワ、最悪の場合皮膚ガンを引き起こす原因となります。

赤ちゃんに日焼け止めを使うのはいつごろから?

赤ちゃんに日焼け止めを使う時期は基本的にいつからでもかまいません。

外出をする事が多くなるタイミングで塗ってあげて大丈夫です。

大人用の日焼け止めは刺激が強すぎるので、赤ちゃん用の低刺激な日焼け止めを選んで塗ってください。

赤ちゃんの肌状態を見てあげる

ただ、赤ちゃんの肌の状態によってどんな紫外線対策をしてあげるか考えた方がよいでしょう。

小さいころから日焼け止めを塗っても問題ない赤ちゃんもいれば、肌が弱くて日焼け止めが合わない場合もあります。

日焼け止めのパッチテストをしよう

一度日焼け止めを赤ちゃんの肌に少量だけ塗って、何も問題が無ければ全身につけてあげるとよいでしょう。

肌が弱い赤ちゃんには

パッチテストを実施して、それで何らかの肌トラブルが見られた場合は日焼け止めクリームではなくUVカット加工がしてある衣服を着たり、タオルをかけてあげるなどして対策をしましょう。

赤ちゃんを載せるバギーの日よけと薄いUVカットのタオルをかけるだけでも紫外線に対する効果はあります。

赤ちゃんの日焼け止めの選び方

ノンケミカルを選ぶようにしよう

紫外線吸収剤や合成ポリマー、そして合成界面活性剤などの化学物質を使用していないノンケミカルの日焼け止めを使うようにしましょう。

さらに香料や着色料を使用していないものを選べば肌に負担が少ないといわれます

オーガニック性の日焼け止め

少し高価になりますが、オーガニック性の日焼け止めも販売されています。

肌が弱い赤ちゃんにはこちらを試してみてもいいかもしれません。

塗りやすく、お風呂で落としやすいものを選ぶ

赤ちゃんはじっとしてくれない場合が多いので、サッと濡れてムラなく伸ばしやすい日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

お風呂に入れる時もあまり落ち着いた状態が保てないので、石鹸で簡単に落とせるものがおすすめです。

まとめ

赤ちゃんの頃からの紫外線対策はとても大切な事ではありますが、赤ちゃんの肌状態をみながら適切な日焼け止め対策をしていきましょう。

赤ちゃんの将来の肌は18歳ごろまでの肌状態でほぼ決まると言っても過言ではので、小さいころからできるだけのケアをしていったほうが賢明であると言えます。

-日焼けの基礎知識

Copyright© 「日焼研(ひやけん)」日焼け対策UVケアの総合情報サイト|ホワイトヴェールもご紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.